おもてなしリピート講座で土台を固める

こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。 

昨日、第2回目の「おもてなしリピート講座」を開催しました。

ピアノの生演奏(練習している人がいます笑)を聞きながら、仕事をしている人、個人レッスンをしている人、打合せをしている人、講座をしている私たち・・・
講座の休憩時間には、米粉のシフォンケーキをいただきました。

カフェでありながら、シェアオフィスのような、時にはイベント会場として盛り上がる、そんな街の憩いの場「3丁目カフェ」は、私のお気に入りの場所です。

事業者としてのビジョン

おもてなしリピート講座、今月のテーマは、ビジネスの土台固めです。

お客様は誰なのか?
何を伝えたいのか?
どんな悩みがあるのか?

脳に汗をかきながら、一生懸命考えていきます。

ついつい、目先の事業にとらわれて、集客のためにイベントをしよう、チラシをつくろう、LPをつくろう、と早足になりがちです。

確かに行動は大事です!
でも、目的地を定めずに走り出すのは、ちょっとキケンですよね。

ビジネスの土台固めは、目的地を定めることであり、建築物の基礎工事であり、気が土に根を張るようなものです。

ここをしっかりと考えないで行動すると、迷子になったり、建物が傾いたり、木が倒れたりするように、ビジネスも上手くいかなくなってしまいます。

逆に、土台がしっかりしていれば、多少寄り道しても行けるし、奇抜なものを建てても安全だし、地震でも台風でも倒れません。

そのくらい、やっぱり土台固めは重要です。

土台をしっかり作ったうえで、来月からは、お客様とつながりをつくるための、メルマガ発行・運用について、お伝えしていきます。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です