心の栄養、ストローク

「ストローク」という言葉、ご存知ですか?

昔、水泳部だった私には、
手のかきのことかと思いましたが(笑)
心理学では、言葉や行動で「存在を認める行為」のことを言います。
つまり、心が元気でいるための栄養のことをさします。

良いストロークは、健康な心を作り、元気になりますし、
逆に悪いストロークは、心が壊れていきます。

良いストロークとは、
褒める、挨拶する、ねぎらう、撫でる、握手する、ハグする、信じる・・・
悪いストロークとは、
悪口、皮肉、嘲笑、殴る、無視する、存在を否定する・・・

先日、少年野球の母たちの飲み会がありましたが、
いつもとても雰囲気いいんです。
なぜなら
お互いに頑張りを褒めあうようにしてるから。

週末お弁当作って
泥だらけのユニフォーム洗って
送り迎えするときもあり
なんならグランドで一日中お当番も。

野球少年の母は
やっぱり色々頑張ってます。
でも、なかなか認めてもらえない。

だったら、皆んなで認め合っちゃおうという訳です。
特に意識したわけではありませんが、
夫の愚痴ばかり言っても聞いてもつまらないので(笑)
野球母の集まる時には、
皆んな自然とプラスのストロークをするようになりました。

お疲れ様!
おにぎり美味しいそうだね。
お料理上手じゃないの~。
ユニフォーム綺麗に洗濯してるね。
お当番ありがとう。
洗い物よろしくね。
髪形かえたの?可愛いね。

行けばプラスのストロークもらえるので、とても心地いい。
自然と自分も、プラスのストロークするようになり、
気づけば、家で子供達にも、ストロークを与えています。

よく頑張ったね。
盗塁うまくできたね。
大きな声で挨拶してたね。

人は、プラスのストロークを受け取れば、
同じようにプラスのストロークを返そうとします。
マイナスのストロークを受け取れば・・・逆もまたしかり。

ストロークは連鎖し、増大していくのです。

どれだけお金持ちになっても、どれだけ人気者になっても、
プラスのストローク、つまり心の栄養が欠乏していたら、
幸せを感じることができないでしょう。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です