おもてなしは「かたち」にすること、実行すること

おもてなしとは、目に見えない「こころ」を相手に伝えるために「かたち」にしたものです。
相手は誰なのか?
目的は何なのか?
目的を達成するのはもちろん、さらに感動してもらうためには?
これを一生懸命考えて、実行するのがおもてなし。

おもてなしはカッコいい、キレイだけのものではない

例えば、チラシ一枚作るにしても、ただカッコいいキレイなだけでは、独りよがりになります。
これを見る人は誰?
どこで見る?
興味を引くには?
チラシを見た後のアクションへの誘導はどうする?
チラシ後のアクションで、更なる感動を与えられる?
こんな風に、「おもてなし視点」で考えると良いのではないでしょうか。

おもてなし視点でチェック

デザイナーにお願いすれば、カッコいいものが出来上がるかもしれませんが、
はたしてそれは本当にあなたが伝えたいことがわかりますか?
あなたの良さが伝わるものですか?
カッコよくなくてもいいから、思いの伝わるものを作ったほうがいいのでは。

チラシ、名刺、ブログ、ホームページ・・・
あなたの看板となるものを、今一度「おもてなし視点」で眺めてみてはいかがですか。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です