桜まつりでマーケティング

こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。

3月最終日、30日と31日は、地元たまプラーザで「桜まつり」が開催されました。
雨の心配がありましたが、お天気ももって、桜もちょうど見ごろで、たくさんの人が集まり、大盛況となりました。

今年はご縁があり、このお祭りで出店のお手伝いをしました。
私は普段パソコンを使って仕事をしているので、リアルに「物を売る」ことはないので、その経験をするためと、マーケティング調査をしたかったからです。

選ばれるための、マーケティング

今回、売りたいものは「13種類の野菜が入ったカレーライス」と「米粉のシフォンケーキ」です。

全く同じ商品はありませんが、お祭りにでは、他にもたくさんの食事系、おやつ系の出店があります。
そのなかで、以下に自社の商品を買っていただくかが、肝になります。

まず、市場調査として、出店場所の周りを眺めます。
周りにはどんなお店があるのか?
どんなイメージで、どんなものを売っているのか?

それから、自社商品の売りを考えます。
この商品がお客様に、どんな価値を与えるのか?

そこから、なぜこの「カレーライス」と「シフォンケーキ」を買わなければならないのか、理由を考えます。

そして、今回のお祭りで私がやってみた戦術は、

  • 気づいてもらうための見た目
  • お客様目線での声かけ
  • あえて弱点も伝える

具体的には、

  • 「なんで着物?」と思ってもらって、気づいてもらうため、お得意の着物で販売
  • 肌寒い時間には「暖かいカレーライスはいかが?」と声かけ
  • お昼の時間帯には、主に女性に向けて「野菜たっぷりヘルシーなカレーライスはいかが?」と声かけ
  • 子連れの方には「お子様にはちょっと辛いと思いますので、お母様向けです」と声かけ
  • 夕方には「お食事の後に、お土産に、シフォンケーキはいかが?」と声かけ
  • カレーを購入いただいたかた、ケーキを試食された方、皆さんに名刺サイズのチラシを持っていっていただき、認知度を高める
  • チラシはよくあるA4サイズではなく、ポケットや財布にさっとしまえる、名刺サイズに

こんな感じで、カレーライスの方は夕方には完売、シフォンケーキも上々の売上となりました。

今日は「出店でマーケティング」という視点で、やったことをお伝えしてきました。
今回の経験をただ、売れてよかったね~という感想で終わらせずに、ビジネスにしていくために、明日は、お祭りで出店を「PDCA」サイクルにしたがって、分析していこうと思います。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です