絶対に自分をバカにしない

こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。

週末は、長男・次男・三男、みんなそれぞれ練習試合がありました。

ただ、最近我が家の野球少年たちはスランプ?
なかなか試合に出らなかったり、出てもエラーしたり。
クリーンヒットを打っても、走塁でミスしてアウトになってしまったり。
なんだか上手くいきません。

後悔はいらない

我が家の野球少年たちを始め、人は上手くいかなかった時、つい後悔をしてしまいます。

でも、後悔するよりも、その気持ちをどう捉えて、どう考えるか、その考え方で今後の成果が変わってきます。

  • 上手くいかなかったことは、どんなことだったか?(事実を洗い出す
  • なぜそれが起こったのか?(事実に対する気づきや評価を考える
  • どうしたら、それを防げるのだろうか?(気づきや評価から導き出される行動

上手くいかなかったからといって、闇雲に素振りをしたり壁当てをしても、あまり効果的ではありません。

事実と、解釈と、行動を考えてから、実行したほうが、ずっと効果的です。

とはいえ、子供たちが平常心で分析するのは、なかなか難しいです。
いえ、大人だって、仕事で上手くいかないときに、焦る気持ちを抑えて冷静に分析するのは、そうそう簡単ではありません。

でも、「何のためにやるのか?」という、しっかりとした目標を持っていれば、その難しいことができるようになるので、根気強く伝えていきたいものです。

ところで、この事実・解釈・行動を考えるときに、絶対にやってはいけないことがあります。
それは、「自己否定」です。

私の師匠の言葉に、こういうものがあります。

誰にバカにされたとしても、自分を絶対にバカにするな。

人前で頑張ってきた姿は、誰かが見ている。
でも、誰も見ていないところでも頑張ってきた自分を知っているのは、自分だけ。
自分の頑張りを、一番知っているのは、自分。
だから、誰がなんと言おうとも、自分だけは自分をバカにしちゃいけない。

まずは、「自己否定」しないこと。
そのうえで、事実・解釈・行動に基づいて、冷静に分析する。
あとは、ひたむきに行動する。

すぐに成果に結びつくとは限らないですが、根気強く続けることが大事。

我が家のヒーローたちが、大活躍する日を信じて、そして私の応援する個人起業家の方たちが、大健闘していく姿を信じて、今日もたくさんのエールを送ります!

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です