こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。 

出入り口、呼吸、ギブ&テイク・・・

これらの言葉に共通するものがあります。
わかりますか?
・・・
・・・
・・・
「出るのが先」という共通点。

入り出口と言わないように、出るのが先。
吸ってばかりではなく、吐くのが先。
そして、人に与えるのが先。

そのように、出すことを先にすることで、物事に「空き」ができて、入れることができるようになるのです。

出入り口の法則、なんて呼ばれていたりするようです。

あるお客様は、いつも「集客できない」「売上が上がらない」と悩んでおられます。

その方の行動をよく見ていると、「来てもらおう」「買ってもらおう」「手伝ってもらおう」という話ばかりで、どうも「入れること」ばかりにフォーカスして、「出すこと」を極力避けているように感じました。

先の、出入り口の法則で言うなら、本来は、まずお客様になりそうな人がいるところへ、「行ってみる」「買ってみる」「手伝ってみる」という行動を先にしなくてはならないのです。

ギブの精神がないのに、貰おうとばかりしていると、人は離れていきます。

応援してもらいたいと思ったら、まず身近な人を応援してみる。

そんなところから、ギブを始めてみませんか。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください