ホームページを育てていますか?

こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。

先日、仕事仲間よりホームページ制作のご相談がありました。

お客様が、今のホームページはしょぼいので、リニューアルしたい。
こんな風にしたいと思う参考ホームページはこれこれです。
どのようにご提案したらよいでしょうか?という、相談でした。

ホームページは育てていくもの

こういうご相談、とても多いです。

初めてホームページを作ったときは、よく分からなかったから、業者さんの言うとおりに作ってもらったけれど、結局運用ができなくてほったらかし。
そこから集客できていないし、ランニングコストだけかかっている状態。

こういう問題の原因は、お客様と業者と、双方にあります。

一つは、ホームページと言われるものは、一度作って終わりのものではなく、その後運用して育てていくメディアであるという、認識不足。

「結婚」をゴールにして夢を見る女子と似ていますね。
既婚者なら分かるでしょうが、本当は「結婚」はスタートです。
ホームページも、公開することはスタートなのです。

二つ目は、ホームページの用途が決まっていないこと。

このホームページは何のためにあるのか?
集客のため?
集客とは、問合せを増やすこと?
認知度を上げるため?
会社を知ってもらうため?

仕事用バッグとしていい大きさだけど、持ち手が華奢で重いものを入れるのが不安・・・そんなバッグがあったら、使い勝手に困って、結局出番が少なくなってしまいますよね。

三つ目は、参考ホームページの呪縛。

こんな風なホームページがいいんですと、参考ホームページを出してくださる方が多くなりました。

良いんです。ありがたいのです。指標になりますから。

ですが、そのホームページの何を参考にしたいのかが分からないと、意味がないのですよね。

色なのか、デザインテイストなのか、情報の載せ方なのか、ホームページの構成なのか。
お客様と制作業者との間で、参考ホームページの何を参考にするのか、意識の一致がないと、全然参考にしてくれてないじゃない~という結果に繋がってしまいます。

こういったことは、もちろん制作業者がヒアリングしてくれるものではありますが、業者任せだけでは足りません。

結局そのホームページを育てていくのは、他でもないお客様自身なのです。

自分で調べて考える

衆これを悪むも必ず察し、
衆これを好むも必ず察す。


世の多くの人が悪く言うときも、必ず自分で調べ考える。
また、世の多くの人が良く言うときも、必ず自分で調べ考える。

ホームページはお客様のビジネスを助けてくれるツールです。

できないことをプロにお願いするのは、とても重要なことではありますが、全てをお願いするのではなく、必ず自分で考えて、自分が舵を取っていかなくてはなりません。

業者任せの言いなりになるのではなく、お客様自身が、自分の仕事にどんな誇りを持って、どんな未来を描いているのか、正しく情報発信していく必要があるのです。

という訳で、先のご相談には、アレコレご提案はできますが、まずはご自信でしっかりホームページと向き合ってくださいと、お答えさせていただきました。

「自分を知って、相手を知る」

それが、おもてなしのデザインへの一歩です。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です