名言が心に響き、支えとなる

こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。 

我が家の一番の野球好きは、長男(中二)です。

偉人の名前は覚えないけれど、野球選手名鑑は暗記している。
数式はわからないけれど、打者のフォームの特長を真似できる。
四字熟語は覚えないけれど、イチローの名言は心に刻んでいる。

そんな彼の心の師匠、イチローの名言は、私が見ても確かにすばらしいです。

イチローからエジソンまで

SNSに投稿したり、ブログを書いたり、メルマガを続けていると、いいねの数やアクセス数、開封率などの数値を見なければなりません。

(※注意※ ブログを書いたり、メルマガを配信しているのに、数値をみていない方は、すぐにみてくださいね。)

頑張って投稿してもいいねが増えない、頑張って記事をかいてもアクセスが少ない、継続してメルマガ買いても開封率が低い。

そんな時にはやっぱり、心がくじけそうになります。

イチローさんも、思うように打てない時期はあったのでしょう。
そんな時の名言です。

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

結果が出なくて気持ちが萎えそうなとき、そこには選択肢があります。

A:諦める
B:そのまま続ける
C:別の道を考える

どれを選んでも、あなた次第。正解はありません。
でも、そういう選択肢に気づくことが大切です。

相田みつをは言いました。 
『あたらしい門出をする者には 新しい道がひらける。』

高杉晋作は言いました。 
『人間、窮地に陥るのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。』

エジソンは言いました。 
『困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。』

吉川栄治は言いました。 
『行き詰まりは展開の一歩である。』 

松本人志が言いました。 
『曲がり角があるなら曲がったら良いんですよ。』

諦めさえしなければ、まだまだ終わりではありません。
何が良くて何が良くないのかを考え、改善していくヒントを探します。

このように、名言は困ったときのヒントをくれて、生きていくうえでの助けとなりますので、これからちょくちょくご紹介していきます。

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

おもてなしの経営者