「しなくてはならない」 に縛られて、 イライラしている

こんにちは。一見さんをお得意さまに変える、おもてなしデザイナーの洞澤葉子です。 

10連休明けの昨日、平常運転開始!と思った矢先に、宿題やってない~、鉛筆が足りない~、上履きがない~・・・と朝からバタバタ(汗)

おまけに、小学生二人とも、給食の白衣をもって行き忘れたので、私の予定に入っていない「学校へ白衣を持っていく」という、突発事項が発生。
(白衣を忘れると、我が子ではなく次の当番の子が困るので・・・)

そんなバタバタ、突発事項連発の日常が戻ってきました(笑)

「しなくてはならない」に縛られない

昨日のメルマガで、この大型連休中は、自分に向き合う時間をたくさん作ったとお伝えしました。

社会人であり、母であり、PTA役員であり、などと、たくさんの役割を持っている方は、周りからの期待や信頼に報いるために、とくかく「~しなければならない」に縛られがちです。

書類を作らなければならない。
経費清算しなくてはならない。
笑顔でいなくてはならない。
優しくしなくてはならない。
協調性を持たなくてはならない。

こんな「しなくてはならない」に縛られていませんか?

これらの「しなくてはならない」は、どれも重要なことですし、本当にやらなければならないことでしょう。

でも、この「しなくてはならない」が苦痛になることがあります。
上手くできなくて、心がモヤモヤして、それがイライラに変わって、心が苦しくなる時があります。

なぜなのでしょう?

いろいろあるでしょうが、私はこう思います。
目的を忘れてしまったから。

答えは自分が知っている

さまざまな「しなくてはならない」には、それぞれ「目的」があるはず。

言った言わないで喧嘩したくないから。
好きな人に好きになってもらいたいから。
やりたいことをやるため。

こんな感じの「本当の目的」があるはずなのです。
それを忘れて、目の前の事象に注力してしまうから、一つ一つの事象の善し悪しに左右されて、心が苦しくなってしまうのです。

そんな時は、自分の心に聞いてみるのが一番。

「なんでイライラしているの?」

例えば、子供たちが宿題をやらないことにイライラしてるなら、それはなぜでしょう?
親の言うとおりにしないから?
先生からの評価が下がるから?
せっかく買ってあげた机を使わないから?
宿題しないと勉強についていけないと思うから?

細かく「なぜ?」を問いかけていくと、意外と自分で勝手に思い込んで、勝手にイライラしているのがわかります。

親の言うとおりにするのが良い子なのでしょうか。
先生の評価や学校の勉強ができないと、立派な大人になれないのでしょうか。

そんなことないと、分かっているはず。

だから、イライラやモヤモヤが出てきた時、「なぜ?」とか「そんな自分は好き?」とか、自分の心に聞いてみましょう。

とは言え、私も往々にしてイライラやモヤモヤが出てきますので、自戒を込めて書きました(笑)

メルマガ購読

個人起業家が、集客に追われずに安心してビジネスを行うには、ずばり「お客様に思い出してもらえばいい」のです。

そのために抑えるべきポイント、また、その根底にあるべき、お客様のことを本気で考える「おもてなし」の気持ち。

そんな、お客様に「思い出してもらう」ために必要な要素を、毎日メールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です